5秒後に新ブログ「たのしくおこづかいブログ」へジャンプします。
まだ作りかけですが、来てね。

2006年02月23日

日本初、家庭教育が学べるeラーニング(サイバー)大学・八洲(やしま)学園大学

社会人学生、ママさん学生、急増中!
ネットカフェやリビングで、リアルタイムに受講するスタイルが新しい。
日本初、家庭教育が学べるeラーニング(サイバー)大学。
夫婦割引、家族割引キャンペーンも実施中!

日本初、家庭教育が学べるeラーニング(サイバー)大学・八洲(やしま)学園 大学ほど、在学する学生層が幅広い学校はないのでは? それもそのはず、 キャンパスで行われる授業がインターネットでリアルタイムに受講できるから だ。仕事に追われるキャリア世代も、子育て中のお母さんも、いつでもどこで も自分のペースで勉強可能。たとえば、会社帰りのネットカフェでライブ配信 の授業に参加したり、子供が幼稚園に行っている間にリビングでテキストを 開いたり、24時間チャットで仲間たちと議論を繰り広げたり。そんな新しい学習スタイルを実践する社会人学生が増えている。 設置されているのは、家庭教育課程と人間開発教育課程。特に、日本で初めて誕生した家庭教育課程は、不登校、少年犯罪、家庭内暴力などが問題になっている今、時代が必要とする新しい学問として各方面から注目されている。卒業後、家庭教育のプロフェッショナルである「家庭教育アドバイザー」を目指す受講生も多い。 この春からは最短2年で学士を取得できる編入学制度が導入される。家族割引、夫婦割引制度もあるので、親子や夫婦でじっくり生涯学習に取り組んでみ るのもいい。年齢を問わず、学びたいときに学びたい場所で勉強する時代が やってきた。もう一度学校へ行きたくなったら、キャリア世代の意欲をかなえて くれるeラーニング(サイバー)大学の出番かも!?

八洲(やしま)学園 大学ってなに??

日本で初めて、インターネットで家庭教育が学べるeラーニング(サイバー)大学。 子育てに悩む親、家庭を築くカップル、スキルアップをはかるキャリア世代、地 域社会への貢献を考える熟年世代など、「学び」へのモチベーションが高く、向 上心が尽きないすべての人のための生涯学習の場として誕生した。キャンパス に一度も通うことなく、大学卒業資格である学士のほか、家庭教育アドバイザー、 図書館司書、社会教育主事などの各種資格が取得できる。3年次編入も可能。
これから一体どうなるの?

こんな受講生も

塾の講師をしながら再び学ぶ、社会人学生
http://www.p-advg.com/r?bid=183475&lid=2
子育てしながら再び学ぶ、ママさん学生
http://www.p-advg.com/r?bid=183475&lid=3

img4.jpg


ただいま、「夫婦割引、家族割引キャンペーン実施中」

詳細は 公式HP:http://www.p-advg.com/r?bid=183475&lid=1にて詳細をご覧下さい。


これ、私はかなり興味がありますね〜。今年は勉強をしていないけど
去年は学校へ通いたかったですから。でもどうしても子供を預けられないのと
金額が高いのであきらめたんですね〜。
ここでは家でだけじゃなく学校で講義を聞く事もでき、その間は託児所があるんです。
これはうれしいですね〜ま、遠いから学校へ出向くことはできないけど
日本で初めて誕生した家庭教育課程は、不登校、少年犯罪、家庭内暴力などが問題になっているんですって。たくさんの人が興味をもってくれるといいですね。


press@blogに登録して編集者になってみませんか?



posted by みー at 11:20 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
みーさん こんにちは^^
これはもしや 例のやつ?? るるも参加しようかな〜♪
昨日はありがといございます^^
かなり 放置していた アジアンメールをログインしたら 400円以上たまってて びっくり! 即換金^^
ダウンさんのおかげです☆
ちなみに 他のリドメはほぼダウンさん 0人なのに。。。
またきますね☆ 応援☆
Posted by るる at 2006年02月23日 14:35
>るるさん。

こんにちは〜
そうですよ〜例のやつです。
放置で400円ですか!!う、うらやましい。
Posted by みー at 2006年02月24日 09:53
こんにちは〜♪

これ最近続いてきていますよね〜?
私は2回ほど見送ってしまいました・・・
今回はエピソードがあるにもかかわらず
UPしましたけど(笑)

開花亭・・・・
まだ1個しか高額とってないです・・・
バタバタ出かけすぎ?(笑)
また来ますね〜♪
応援して帰ります〜
Posted by むちゅ at 2006年02月24日 10:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/13651843

お問い合わせはこちら



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。